【6月定期研修】中枢神経疾患に対する在宅リハ介入のポイント

6月度の定期研修を開催しました。

 

今月は、医療法人社団 新東京石心会 さいわい鶴見病院 手塚純一先生にご講演頂きました。
テーマは「中枢神経疾患に対する在宅リハ介入のポイント」でした。

 

臨床でもとても多い脳血管疾患ですが、在宅ではその予後の見極めや、残存機能の活かし方に頭を悩ませます…。
それを脳の機能解剖の視点から詳細に解説頂きました。
脳画像を診ることができれば、予後予測はもちろん、ご利用者様の介入への満足感や理解も得られやすいのかなと個人的に感じました。

 

その他にも明日からの訪問に活かせる知識が盛りだくさんでした!

 

参加者の皆様、お疲れ様でした。
手塚先生、貴重なご講演ありがとうございました。