業務について

■ 訪問看護について

訪問看護では、疾病や負傷によってご自宅で継続的に療養を受ける状態にある方へ、医師の指示の下、看護師等がご自宅へ伺い、療養上の世話や必要な診療の補助を行います。病院では「治療」が目的とされることが多いなか、訪問看護では住み慣れた地域でより「自分らしく」生きていくことへの支援が最大の目的とされます。療養上の世話や医療処置だけではなく、介護者への相談・支援や、健康上の保持・増進、疾病の予防や早期発見等、その業務は多岐に渡ります。

業務内容 -看護師-
業務内容 -看護師-

訪問看護における看護師業務は、下図の項目が主にあげられます。
ご利用者様の自宅に訪問し、その日の体調や訴えに合わせながら1ヶ月ごとの計画に沿ったケアを実施します。
医療現場と違い限られた環境の中での業務となりますが、ご利用者様の生活環境の中でより丁寧に携わることができるため、これまでの専門知識をより発展的に活かしたケア・支援を行うことができます。

  • ① 症状の観察 病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
  • ② 療養上のお世話 身体の清拭、洗髪、入浴介助、食事や排泄などの介助・指導
  • ③ 医師の指示による医療処置 かかりつけ医の指示に基づく医療処置
  • ④ 在宅でのリハビリテーション 拘縮予防や機能の回復・嚥下機能訓練等
  • ⑤ ご家族等への介護支援・相談 介護方法の指導ほか、さまざまな相談対応
  • ⑥ 床ずれ予防・処置 床ずれ防止の工夫や指導・床ずれの手当
  • ⑦ 認知症ケア 事故防止など、認知症介護の相談・工夫をアドバイス
  • ⑧ 介護予防 低栄養や運動機能低下を防ぐアドバイス
  • ⑨ 医療機器の管理 在宅酸素、人工呼吸器などの管理
  • ⑩ ターミナルケア がん末期や終末期などでも、自宅で過ごせるよう適切なお手伝い

*上記以外にも、計画書・報告書の作成や、ケアマネージャーや医師との連絡対応等の業務があります。

業務内容 -療法士-

訪問看護における療法士によるリハビリテーションは、訪問看護ステーションより、”看護業務の一環としてリハビリテーションを中心とした場合に、看護職員の代わりに訪問させる”という位置づけとなっており、訪問時のバイタルサインの確認や心身状態の観察など看護師業務(医療行為を除く)の補助も重要な業務となっています。
診療報酬改定により在院日数の短縮が進められた結果、リハビリテーションサービスにおいてはこれまでの“維持”から“機能回復”も重要視されるようになってきました。急性期から退院したばかりのご利用者様においては、身体機能面の改善の可能性を予測した、より実践的かつ獲得可能な練習や動作指導が必要です。また機能面の向上ばかりではなく代償動作や二次的障害の予防、ご家族様への介助指導など、ご利用者様1人1人に合わせたアプロ―チが必要となります。

理学療法士
理学療法士

理学療法士の主な業務としては、ご利用者様の身体機能を生活環境にどのように適合させていくかが大切であると考えます。ご利用者様の残存機能を引き出し、症候や残存機能の予後予測をしたうえで、より安楽且つ効率的な動作方法を設定できるかが肝心です。また、身体機能のみならず個人因子や環境因子の評価も欠かせません。ご利用者様の個人因子を考慮しながら、福祉用具を含めた環境を設定し、「自分らしく」生活できるように支援していきます。

【主な業務内容】
・身体機能:関節可動域拡大運動,筋力強化運動,基本動作練習
・応用動作:日常生活動作練習,屋内外歩行練習,段差昇降練習,福祉用具使用選定・使用練習,環境調整
・多職種連携:計画書等の書類作成、担当ケアマネジャーとの情報共有,地域会への参加
作業療法士
作業療法士

作業療法士の主な業務としては、ご利用者様の身体・精神機能面や日常生活活動以外にも、家庭内での役割や趣味活動、地域社会とのつながりなど、その方の生活を取り巻く様々な環境へのアプローチも必要となります。
また、病院などでは見えにくい住み慣れた自宅での生活場面に直接介入することができるため、ご利用者様が主体的に「自分らしく」生活を送れるようにかかわることができます。
療法士が直接かかわる時間以外にも、24時間365日の生活すべてに焦点を当て、ご利用者様の自己決定の尊重や家族との関係性構築、その他の医療機関・サービス事業所等との協働も非常に重要な要素となります。

【主な業務内容】
・身体機能:関節可動域拡大運動,筋力強化運動,基本動作練習
・精神機能:高次脳機能練習,認知機能練習,精神賦活
・応用動作:日常生活動作練習,家事動作練習
・余暇活動・役割活動の援助,福祉用具・自助具選定・使用練習,環境調整,自主トレーニング指導,家族指導
・多職種連携:計画書等の書類作成、担当医・ケアマネジャーとの情報共有,地域会への参加
言語聴覚士
作業療法士

言語聴覚士の主な業務は、ご利用者様が慣れ親しんだ生活場面で使用される言葉を元にコミュニケーションを積極的に楽しく用い、親しんだお食事を安全に長く続けられるように、身体・言語・認知機能を調整していく作業です。

【主な業務内容】
・身体機能:発生/発語練習
・精神機能:言語機能練習、高次脳機能練習、認知機能練習
・多職種連携:計画書等の書類作成、担当医/ケアマネージャーさんとの情報共有、地域会への参加など
他職種連携について

他職種連携による包括的なサービスをご提供いたします!

他職種連携について

■ 業務の流れ

1)入職後、1ヶ月間流れ
           
社長面談や入社手続き等を行います。業務に必要な備品や社内インフラシステム関連、社会人マナーやコンプライアンス、訪問看護の基本、制度などの研修を4~5日間本社にて行います。
2)入職後、半年間の流れ
2)入職後、半年間の流れ

入職後、個々のペースや経験に合わせて無理なく1ヶ月の訪問件数をふやせるようサポート体制を整えています!

3)一日の流れ
3)一日の流れ

■ ご利用者様の分布

ガイアのご利用者様主疾患データおよび年齢分布のデータになります。

利用者データ

■ インタビューQ&A

coming soon

■ IT関連

スマートフォン・タブレットの完全貸与

訪問看護業務では、携わる様々な方々との連携がとても重要となります。ガイアでは、全訪問スタッフに1人1台のスマートフォンに加えてタブレットを貸与しております。
私用携帯端末の利用を完全に禁止し、患者様の情報管理が徹底される体制を整えております。

スマートフォン・タブレットの支給
離れていても”ポータルサイト”で情報共有や連携作業を円滑に

ガイアでは離れた勤務地であっても組織内で情報共有を迅速にできるよう、インターネット上でグループウェアを利用しています。
オンライン上で、スケジュール管理やToDoリスト、電子メール、チャットツールを利用することができます。
社員のみが活用できるオンラインツールとなりセキュリティ管理も万全の体制を整えています。
また業務の効率化を目指して、多くの情報を集約する社内ポータルサイトを運用しています。

ポータルサイトで情報共有や連携作業
テレビ会議システムを利用した会議や研修

ガイアではテレビ会議システムを積極的に活用しています。
フォローアップ研修や会議の際、遠く離れた拠点のスタッフが皆一同に参加することが可能になりました。
デバイスはパソコン、携帯、タブレットから見ることができ、参加方法も主催者からメールで送られてくるURLをクリックするだけ。簡単に参加することができ、お互いの表情を見ながら参加者同士で意見交換をしたり、主催者に質問をすることを実現しています。

「ZooM」というオンラインミーティングアプリ