2018.06.21 定期研修「小児呼吸理学療法 第2回」

皆さんはじめまして。港サテライトの片貝です。

定期研修Cコースの第2回目となる今回のテーマは「小児呼吸理学療法」

北里大学医療衛生学部理学療法学専攻の横山美佐子先生に御講義頂きました。

 

 

横山先生の講義は非常に”明るく・分かりやすい”という印象で、最近のトレンドなども伺うことが出来、2時間の講義もあっという間でした。

講義内容は、基本的な小児の解剖や整理・運動発達の特徴から呼吸理学療法を行う上でのリスク管理・体位排痰に関する実践的な内容まで小児経験がない人にも成人との共通点・相違点なども含めてお話頂くことで、日々の臨床にも直結・活用できる内容でした。

 

今回は途中ポジショニングの実技指導もあり、変形や拘縮のある場合の嚥下や呼吸の困難さの体験もすることができました。

なんとなく小児領域は特殊・苦手・分からない。。といったイメージが先行していましたが、

正常発達を知ることで、小児だけでなく成人にも共通した考え方で治療が出来ることを知り、臨床に活かせる新たな視点を頂いたと思います。

 

今回の講義が日々の臨床に活かせるよう、今後も研鑽に努めたいと思います。