2017.12.12 第12回 東京在宅呼吸ケアリハ勉強会 

2017.12.12 第12回 東京在宅呼吸ケアリハ勉強会 

 

いつもお世話になっております。 
12月12日、第12回「ガイア在宅呼吸ケアリハ研修会」が行われました。

講師は、神戸大学大学院教授の石川朗先生です。

 

今回の研修で1年間毎月実施していただいたこの研修も終了になります。
最終回は『訪問看護・訪問リハにおける呼吸ケア・リハビリテーションの視点』という内容でした。

 

今までの研修のまとめと振り返りを中心にご講義いただきました。
「呼吸リハビリテーションとはなにか」を改めて振り返ることで、今までの研修で学んだことを考え直すことができました。呼吸リハビリテーションと聞くと排痰手技や呼吸介助などを思い浮かべてしまう方も多いと思いますが、あくまでそれは一部分であり、栄養管理や服薬管理、ADL指導や医療機器管理など幅広い領域を捉える必要があります。
理学療法だけでも、栄養だけでも、服薬だけでも効果は限定的であり、あくまで包括的な介入が必要であることを示していただきました。

 

1年を通して具体的な技術や知識を当然のことながら学べましたが、同じメンバーで毎月受講することで知り合いが増えたり、また、別の研修会で会ったりなどの広がりもあり、情報交換をすることもできました。
今回学べたことはあくまで基本的なことであり、今後実践を通してさらにスキルアップしていきたいと思います。

 

★★★1年間皆様お疲れ様でした★★★

長い間、骨格模型ちゃんにも活躍していただきました♡
またH30年度の在宅呼吸ケアでお会いしましょう.。.:*・゜