2017.12.2 第17回 文科省採択事業 内部障害研修 

2017.12.2 第17回 文科省採択事業 内部障害研修 

 

いつもお世話になっております。 
12月2日土曜日、「内部障害研修」が本社研修室で行われました。

 

講師は、神戸大学の小林成美先生です。
今回は心臓リハビリテーションについてご講義いただきました。

 

小林先生は、循環器内科の医師をされており、心不全、虚血性心疾患、心筋症、弁膜症、不整脈について病態や治療の講義がありました。病気のメカニズムを丁寧に説明してくださり、治療についても何を狙い、その治療を行うのかの説明をしていただきスムーズに理解することができました。治療についての根拠も平行して提示してくださり、日々論文などを読むことで最新の情報を更新していく必要性も感じました。

心臓リハビリテーションについても、具体的な方法などは別の講義であったため、より全体的な治療の中でのリハビリテーションについてご説明いただきました。病院での看護師や理学療法士、管理栄養士と医師などの連携についてのお話もあり、在宅においては各職種のスタッフが連携することはより重要であるため、今後病院のように多職種が連携できる体制を構築していくことが目標であると再認識しました。今回の講義から疾患の病態や治療、リハビリテーションの重要性だけでなく、チーム連携の重要性や、地域での関係構築を検討していくきっかけとなりました。

 

ガイアリハビリ訪問看護ステーション - 募集要項

神奈川エリアの募集要項をみる