2017.10.19  第3回 定期研修_中枢疾患に対する在宅リハビリテーション介入のポイント

こんにちは。

練馬事業所のPT齊藤です(^^)/

 

毎週木曜に行われている、定期勉強会の3回目に行ってきました。

今回のテーマは「中枢疾患に対する在宅リハビリテーション介入のポイント」。

講師は、さいわい鶴見病院の手塚純一先生です。

 

PTとしてはそれなりに馴染みのある分野。

臨床での想像が容易につきやすく、とても興味のあるテーマです。

 

さて、実際の講義内容ですが、ちょっと予想外だった脳画像の見方がメインでした。

画像診断により予想される急性期の症状と予後を考えていく、というものです。

今回は、中心前回から橋までの皮質脊髄路を確認し、出血や梗塞部位から麻痺の程度をしっかりと推測できるように講義して頂きました。

私自身、以前は回復期のリハビリ病院に勤務していたので、少しは画像を見る機会がありましたが、ガイアに入社後はほとんど見る機会が無く、頭からすっかり忘れさられていました。

講義はとても理解しやすく、すぐにでも担当している利用者様の脳画像が見たい、今回こそしっかりと記憶にとどまる知識となった、そう感じる内容でした。

次回は、高次脳機能等の範囲も含まれてくるとの事なので、非常に楽しみです。

手塚先生、よろしくお願い致します!

 

ところで、研修3回目となるわけですが、神田駅周辺はラーメン激戦区ということで、練馬事業所の某PTと木曜は研修&ラーメンの日に決めており、研修と同じく3件食べ歩きました。

神田周辺のラーメン屋さんは研修中に全て制覇できる予定です。

 

某PTは木曜のラーメン屋がとても楽しみのようで、事業所から本社に行く際、「研修に行ってきます」ではなく「ラーメン食べに行ってきます」と言ったとか…( ゚Д゚)