2017.09.27 第6回 文科省採択事業 内部障害研修

こんにちは!
城北エリアの作業療法士の安部と申します。

研修6回目となる今回のテーマは、
ウエルシア薬局株式会社 在宅本部 在宅推進部 小原道子先生による「薬剤師業務と在宅療養のサポート」
神戸大学大学院 保健学研究科国際保健学領域 井澤和大先生による「心臓疾患2」
という内容を受講させて頂きました。

「薬剤師業務と在宅療養のサポート」では、ウエルシア薬局が実際に行っている事業展開の紹介や在宅における薬剤師の役割を中心にお話しいただきました。
地域包括ケアへの薬剤師としてのかかわりや、残薬管理等の服薬支援、他職種連携などを知ることができ、改めて薬剤師の重要性を学ぶことが出来ました。

「心臓疾患2」では、不整脈の知識や心臓リハビリテーションプログラムの流れ、特に早期離床の重要性を中心に学びました。
また、最近の知見として、握力は収縮期血圧に優る全死亡・心血管死の予測因子となるという内容のご紹介もいただきました。
握力であれば、在宅でも測定可能ですし、是非評価に取り入れたいと思いました!

 

ガイアリハビリ訪問看護ステーション - 募集要項

神奈川エリアの募集要項をみる