2016.12.13 「平成28年 第12回在宅呼吸ケアリハ研修会」

鎌倉事業所の高橋と申します。

十二月も中旬となり寒さが一段と厳しくなって参りました。

皆様方のご健康を鎌倉よりお祈り申し上げます。

 

今回は第十二回東京在宅呼吸ケア・リハビリテーション勉強会の報告をさせていただきます。

第十二回をもちまして2016年東京在宅呼吸ケア・リハビリテーション勉強会の最終回となります。

 

<講義内容>

訪問看護・訪問リハにおける呼吸ケア・リハビリテーションの視点 ~まとめと補足~

①呼吸リハビリテーションと呼吸理学療法

②医療介護関連肺炎(NHCAP)の背景

③医療・介護関連肺炎への早期介入

④基礎疾患としてのCOPD

⑤COPD早期診断と介入

⑥評価としての6分間歩行試験とパルスオキシメーターの有効性

⑦ADLにおけるパルスオキシメーターを用いた評価

⑧包括的な呼吸リハビリテーションの実践

⑨COPDにおける呼吸リハビリテーション2週間入院プログラムと訪問看護介入に関する身体的・経済的効果

⑩ABCDEバンドルの捉え方

⑪身体活動量を向上させるために

 

この一年間、石川先生の講義を受けて感じたのは「密度の高さ」と「わかりやすさ」です。

最終回の講義は1年間の総括であるため非常に内容の濃いものでしたが、分かりやすく教えて下さいました。

今回の勉強会に参加させていただいたことは、とても良い経験となりました。また、常に勉強を継続していくことが大切であると実感しました。

今後はこの研修で得た知識を深め、技術に磨きをかけ、臨床で利用者様のために役立てていきたいと思います。

 

img_0010

 

ガイアリハビリ訪問看護ステーション - 募集要項

神奈川エリアの募集要項をみる