2016.10.27 荻窪圏域地域ケア会議

こんにちは。
お世話になっております。
荻窪事業所看護師の森山です。

荻窪圏域地域ケア会議に参加させていただきました。
今回のテーマは「訪問看護ステーションとの連携」でした。
7~8名の多職種グループが10グループ出来るほど、多くの方が参加されています。

今回は訪問看護ステーションから困難事例が3症例紹介されました。
事例をもとに訪問看護ステーションに望むこと、連携で困ることなどをグループワークで話し合いました。
各グループには医師、歯科医師、訪問看護師、薬剤師、ケアマネージャー、ヘルパーなど様々な職種が配置されています。
それぞれの立場から訪問看護ステーションに期待する役割などが生の声で伺えて貴重な機会となりました。
通常ですとグループワークの発表者は話し合って決めることが多いのですが、今回はそれぞれのグループの訪問看護師がご指名を頂きました。
温かいご配慮により、各ステーションのアピールタイムも設けてくださいました。
私も荻窪地域の皆様にガイアのアピールをさせて頂くことが出来ました!
荻窪事業所では看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といったスタッフがそろっております。それぞれの専門職の立場から、そのご利用者様にとって本当に必要なケアは何かを考えながら協業してサービス提供にあたっていることをお伝えさせていただきました。
地域ケア会議は顔が見える関係づくりのために本当に有意義だと感じます。

これからも地域の皆様に少しでもお力になれるよう、日々研鑽してまいります。

募集要項

神奈川エリアの募集要項をみる
東京エリアの募集要項をみる
埼玉エリアの募集要項をみる
東京・神奈川・埼玉エリアの募集要項をみる
東京・神奈川・埼玉エリアの募集要項をみる