2016.10.24 内部障害病態学

皆様こんにちは。
文京サテライトの小山です。
気温が一気に下がってきましたね。
特に朝と夜は日中との差が凄いですね。一気に秋から冬になってしまいそうです。

弊社で参加させていただいている本プロジェクトも物凄いスピードで進んでいます。
復習と同時に最新の知見も学べるのでタフですがとても勉強になります。

本日は神戸大学大学院保健学研究科 石川朗先生の講義でした。題目は内部障害病態学、主に呼吸器疾患の病態とアセスメントについて学びました。

img_0010

在宅では医療機器も無く病院のようにデータから病態を把握することはできません。
如何にセラピストが診て(視診)、触れて(触診・打診)、聴いて(問診・聴診)評価できるかが大切です。

次回は待ちに待った実技講義です。
楽しみです。
それでは今日はこの辺で。

募集要項

神奈川エリアの募集要項をみる